フリーランス

ライティング初心者の稼ぎ方【初月で5万円達成した実例も紹介します】

こんにちは、大森タカさん(@oomori72)です。

タカさん
タカさん
ライティングを始めたけど中々稼げない、、、

このように悩んでいる方も多いと思います。

・どこで仕事を獲得できるのか
・どの案件が良いのか
・記事執筆のポイントはあるのか
などなど、ライティング初心者には分からないことが多いですよね。

ここでは、そんな悩みをライティングを始めて初月で5万円稼ぐことができた私の視点から解決していきます。

この記事の内容

・おすすめサイトはランサーズクラウドワークス
・クラウドソーシングを始める前に確認したいこと
・クラウドソーシングで案件選びのポイント
・記事を執筆する際のポイント
・ライティングで5万円を達成させるコツ

簡単に読める内容で、ライターとして稼ぐ方法やポイントなどが理解できるので、今後ライターを始めたい・副業としてライターを始めたい方の参考になれば幸いです。

稼ぐ方法はランサーズとクラウドワークスがおすすめ

ライターの稼ぐ方法として、おすすめは以下の2つです。

他にも様々なクラウドソーシングサイトありますが、初心者の時に複数登録しても混乱してしまいます。

ランサーズクラウドワークスは案件数が豊富ですし、登録するだけでもコワーキングスペースなどの割引などサービスもあるのでおすすめ。

実際に私は、ライター初月にランサーズクラウドワークスのみで案件を獲得し5万円を稼ぐことができました。
今でも月20万円稼げる時もあるので十分ですよね。

クラウドソーシングを利用する前に確認すること2つ

クラウドソーシングでライティングを始める前に確認しておくことは以下の2点。

・自分の得意分野・書けることを把握する
・1ヶ月目標を決める

この2点を確認するだけで、月5万円稼げる確率が上がります。
順番に紹介していきますね。

 自分の得意分野・書けることを理解する

自分の得意分野・無理なく書けることを理解することで、以下のメリットがあります。

・楽しくライティングができる
・提案が通りやすくなる
・文字単価の交渉がしやすくなる

・楽しくライティングができる

自分の得意分野ジャンルを把握することで、楽しくライティングできます。

知らない分野だど、書いててつまらないですし、リサーチに時間がかかので効率が悪いです。自分の得意分野ジャンルを把握して、ライティングすることで楽しく書けますし、リサーチの手間が省けるので効率がよくなりますよね。

実際に私は、就活や転職の知識があったので、就職ジャンルに絞りました。
その結果、楽に楽しくライティングができて初月に5万円を達成することができました。

・提案が通りやすくなる

自分の得意分野・書けることを把握することで、提案が通りやすくなります。

自分の得意分野や書ける分野は、ある程度の知識があるので提案する際に専門性をアピールすることができ、他のライターと差別化することがでいます。

実際に私は、就活や転職の知識があり提案の際に体験などをアピールした結果、他のライターと差別化することができ、約8割は提案が通りました。

・文字単価の交渉がしやすくなる

自分の得意分野・書けることを把握することで、文字単価の交渉がしやすくなります。

自分の得意分野や書けることだと、専門知識があり指摘や意見がしやすくなります。
指摘や交渉が増えるうと評価も上がるので、文字単価の交渉がしやすくなります。

実際に私は就活関連に詳しかったので、更にわかりやすいタイトルや章を提案することで評価を上げることに成功しました。
その結果、文字単価の交渉が視野やすくなり、最高で文字単価1.3円に上げることに成功しました。

 1ヶ月の目標を決める

1ヶ月の目標を明確に決めることで、成果を出す確率が上がります。

また、目標を1週間に分けて立てることで、時間の使い方が上手くなるのでおすすめです。

実際に私は、1ヶ月の目標を5万円として、1週間の目標を13000円にしました。
1ヶ月の目標・1週間の目標を決めることで、毎週目標までのゴールを把握することができるのでモチベーションも上がりました。

クラウドソーシングサイトで案件選びのポイント

ランサーズクラウドワークスには様々な案件があり、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

案件選びのポイントは以下の3点です。

・新しい案件から応募する
・文字単価1円以上に絞る
・継続案件を探す

ここでは、案件を選び際のポイントについて紹介していきます。

新しい案件から応募する

案件選びでは、新しい案件から応募することがポイントとなります。

ランサーズクラウドワークスでは、毎日案件が新しく募集されていて、その中には募集を終了している場合や提案数が多くてクライアントが見落としてしまう場合があります。

新しい案件に応募すると提案数が少ないので、以下のメリットがあります。

・競合が少ない
・クライアントが提案を見てくれる可能性が上がる

実際に私は、新しい案件から探して提案していました。
ランサーズクラウドワークスには、案件を新着順に指定して検索することができます。

文字単価1円以上の案件に絞る

案件選びでは、文字単価1円以上に絞ることもポイントとなります。

ランサーズクラウドワークスには、文字単価0.3円の案件も存在していて提案が通りやすいこともありますが、効率よく稼ぐことができないのでおすすめしません。
案件を獲得しても、稼げなければモチベーションも上がらないので長続きしませんよね。

なので、最低でも文字単価1円の案件に応募することをおすすめします。

とはいえ、文字単価1円では提案が通らないと心配する方もいると思います。しかし、文字単価1円でも、初心者が書ける案件は十分にあるのでおすすめします。

実際に私は、ライター初心者で文字単価1円の案件に絞って提案した結果、初月で10件以上獲得することができました。

継続案件を探す

案件選びでは、継続案件を探すことがポイントとなります。

ランサーズクラウドワークスの提案の中には、1回の仕事だけではなく継続的に仕事を提供してくれる継続案件も存在します

継続案件を獲得することで以下のメリットがあります。

・提案する手間が省ける
・来月の収入にも繋がる

このことから、継続案件に提案することをおすすめします。

実際に私は、継続案件を獲得したことで提案時間を執筆時間に変えることができ効率が上がりました。
また、次月の収入にも繋がり売上がアップしました。

記事を執筆する際のポイント

記事を執筆する際にライター初心者は以下の悩み出てくると思います。

・執筆中に何を書いて良いか分からなくなる
・複数記事執筆するのに手間がかかってしまう

そんな悩みを解決するために記事を執筆する際のポイントについて以下の内容で紹介していきます。

記事を執筆する際のポイントの内容

・事前に構成を考える
・複数記事執筆する場合はまとめて行う

事前に構成を考える

記事を執筆する前に構成を考えることで、執筆中は構成にしたがって記事を執筆するだけなので内容を見失うことが無くなります。

実際に私は、以下の順番で執筆しています。

1番目:構成
2番目:リード文
3番目:本文
4番目:タイトル

とはいえ、最初にタイトルを考えなくて大丈夫なのか疑問に残るかと思います。
しかし、記事の構成は内容の部分になるので、構成を考えた上でタイトル決めても大丈夫です。

複数記事執筆する場合は各工程まとめて行う

複数の記事を担当することになってくると、納期に間に合わせるため効率よく執筆を執筆することが求められます。

複数の記事を執筆する場合は、各工程まとめて構成を考えて執筆すると効率が上がります

実際に私は、以下の方法でまとめて執筆しています。

1番目:3記事分の構成を考える
2番目:3記事分のリード文を執筆
3番目:3記事分の本文を執筆
4番目:3記事分のタイトルを考える

大変そうに見えますが、各工程が1回考えるだけで済むことや1つの工程だけに集中して執筆することができるので効率が上がり楽になります。

1記事書き始めたら終わるまで書く

1記事書き始めたら終わるまで書くことで、書きたいことを忘れてしまうことや効率を上げることができます。

例えば、2日に分けて記事を書くと次の日には書きたいことが忘れてしまうことがあります。
ライティングの効率を考えても、1度も中断しないで書くと効率が上がるのでおすすめです。

実際に私は、1記事書き始めたら書き終わるまで集中していました。
自分が書きたいことを忘れることもありませんでしたし、執筆中はスマホや関係ないブラウザを見ないようにして効率を上げていました。

ライティングで5万円を達成させるコツ

ライティングで5万円を達成させるコツとして、以下の2点が挙げられます。

・文字単価を上げる
・文字単価をの高い案件を受注する

この2点を意識することで、ライティングで5万円を達成しやすくなるてでおすすめです。

 文字単価を上げる

文字単価を上げることが、ライティングで5万円を達成させるコツになります。

文字単価が上がる方法として、クライアントから提案される場合と直接交渉する場合があります。
どちらん場合でも、クライアントからの信頼がないと文字単価を上げることはできません。

クライアントからの信頼を上げるための方法は、以下の3点です。

・納期を守る
・クライアントのルールは守る
・自分からも提案してみる

・納期を守る

ライターの中には、納期を過ぎても納品されないケースが多くあります。
その中で、納期をしっかり守ることでクライアントからの信頼を上げることができます。

また、予定された納期より早く納品すると更にクライアントの評価が上がります。

・マニュアルを守る

ライターの中には、マニュアルを守らないで自分のやり方で進めている方も多くいます。

クライアント毎に、様々なマニュアルが用意されていて、マニュアルを守ることでクライアントからの信頼を上がります。

・自分からも提案してみる

自分から提案すると

実際に私は、クライアントと連絡する中で連絡事項だけではなく、案件の改善点や意見などの提案しています。
その結果、クライアントの信頼を上げることに成功して、継続案件に繋がったことや文字単価が上がりました。

 文字単価の高い案件を受注する

文字単価の高い案件を受注することが、ライティングで5万円を達成させるコツになります。

文字単価の高い案件を受注するには、クライアントに実績を証明することが必要になります。

クライアントに実績を証明するための方法として、以下の3点が挙げられます。

・記名記事を受ける
・プロフィールを充実させる
・クライアントの意図を読み取る

・記名記事を受ける

ライティング案件の中には、記名記事といって記事を公開される際に自分の写真と名前が表示される場合があります。

記名記事を書くことによって、文字単価の高い案件を受注する際に自分の実績として証明することができます。

実際に私は、最初に記名記事を書いて実績を作りました。
その結果、早いうちから実績を作ることができて、文字単価の高い案件を受注することができました。

また。、案件詳細に、記名記事の内容が載っていない場合でも、直接以来することで記名記事として公開することもできました。
案件詳細に、記名記事の内容が載っていなくても直視確認することをおすすめします。

・プロフィールを充実させる

案件の中には、限定公開という案件があります。
限定公開とは、クラウドソーシングサイトが安全と認めた方しか見れない案件のことです。この限定公開の案件には、文字単価の高い案件が多くあります。

限定公開の案件に応募するためには、プロフィールの記入欄を埋める必要があるので、プロフィールを充実させることが重要になってきます。

・クライアントの意図を読み取る

意図を読み取って提案することで

まとめ:ライティングで初月から5万円稼ぐことは可能

ここまで、ライティング初心者が初月で5万円稼ぐ方法について紹介してきました。

本記事のまとめ

ライティング初心者におすすめなサイト
ランサーズ
クラウドワークス

クラウドソーシングサイトで案件選びのポイント
・新しい案件から応募する
・文字単価1円以上の案件に絞る
・継続案件を探す

記事を執筆する際のポイント
・事前に構成を考える
・複数記事執筆する場合はまとめて行う

ライティング初心者でも、初月から5万円を稼ぐことがでいます。
まずは気軽に始めてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です